毛穴 黒ずみ 原因

毛穴の黒ずみができしまう原因

どうしても汚く見えてしまう顔の毛穴の黒ずみなどは一体何が原因となってできてしまうのでしょうか。

まず一番の原因として言われているのが、顔などに特に出てくる皮脂が毛穴につまり、それが時間が経つにつれて黒くなっていくというものですね。

若い頃や特に思春期の頃などにはこの皮脂の分泌というものも盛んになっている時期ですので、特にこの汚れがつまってしまうときでもあります。

皮脂などはどんなに予防しても出てくるものですので、この大元の原因を断つということは到底不可能ですが、それでも毎日皮脂がたまらないようにしっかりとケアするということは大事になってくるでしょう。

元々毛穴の小さな人というのがいるのか、人によっては全然この汚れがたまらないという方もいらっしゃるのですが、これはある意味生まれ持ったものと言えるのかもしれません。

何とも羨ましい話ですね。。

そしてもう一つ毛穴の黒ずみの原因として考えられているのが、皮膚を傷つけてしまうことにより、そこにメラニン色素という日焼けを作り出す成分が入り込んでしまい、紫外線によってそにの部分が黒くなってしまうというものです。

要するに、毛穴などもあまりにいじくりすぎるとそこが傷ついてしまい、紫外線の力によってその部分が黒くなってしまうということです。

これはシミができてしまう原理とも似ていますね。

毛穴の汚れを取るために、専用のシールなどで無理矢理ひっぺがしているような方も多いと思いますが、これも一つの毛穴を傷つけてしまう可能性となりますので、やりすぎには注意したいところですね。